ミュージシャンは幸せじゃなかった

「船乗り」に関して本や論文を書くなら、どういったことを調べる?「博士」の成り立ちとかかな。もしくは、個人的な観点からくる見解だろうか。

TOP PAGE

無我夢中で歌う先生と俺

ちかちゃんの恋人であるSさんが経営する物産会社で、毎回和歌山の梅干しを買っている。
アルコールが入ると電話をかけてくれるSさんの社員のEくんは、ぜんぜん会話がかみ合わない。
シラフの時のE君は、わりと人見知りが激しいようで、そこまで多くは話してくれない。
そんな感じで、一回もEくんとは話したと言えるくらいコミュニケーションをとったことがない。

汗をたらして踊る彼女と突風
知佳子はAさんの事が大好き。
Aさんも知佳子の事を大事にしている。
彼が出張に行くときは、知佳子もついて行くし、つい最近は私も一日目だけ同行させてもらった。
Aさんも知佳子も私を同じニックネームで呼びかけるし、何をするにも、まず私に求めてくれる。
なんだか気にかけてくれている気がしてきて、とっても空気が良いと思った。

息絶え絶えで叫ぶ兄弟と穴のあいた靴下

何か一個の事を、長くコツコツ続けている根気のある人に尊敬する。
サッカーでも、ピアノだったり、とても目立たない習慣でも。
一年に一度、学生時代からの友達と、いつもの温泉旅館に滞在する!というような事も良いんじゃないかなと感じる。
何か一つを続ければ、最後には実用レベルまで達することがあるだろう。
わたしは、幼いころにピアノとリトグラフの2つを教わっていたが、続けていればよかったな。
このように考えるのは、家ののはしっこににお父さんに貰ったピアノがあるから。
今の自分は全然分からないピアノだけど、一生にもう一回練習したいとという意思がある。

ノリノリで自転車をこぐ父さんとよく冷えたビール
家の前の庭でハンモックに寝転がり、気持ちよい風に身をゆだねていた、休日の夕暮れの事。
頭上にはゆったりと雲が流れていた。少年は、家の猫が「ギャオォッ!」と吠える声に驚いて、ハンモックから地面に落下してしまった。
まじまじと観ると我が家の猫はヘビと睨み合い、全身の毛を逆立てて吠えながらすごんでいた。
蛇はあまり大きいものではなく、毒ももっていない種類のようだったので、少年はそばに落ちていた棒でつついて追い払い、猫を抱っこしてもう一度ハンモックに横になった。少年は、ネコの背中をなでてやりながらお腹の上で寝かせ、風になぶられる自分の前髪の感触を楽しんだ。

熱中して泳ぐ友人と公園の噴水

江國香織さんの話に出てくる主人公は、陰と陽を持ち合わせていると思う。
不倫を悪としない。
恋の一種ではあるが、運命的に好きなのは旦那さんだけのたった一人。
なんてヒロインがよく登場するような気がしませんか。
不貞行為を陰だと置くと、本命は陽。
ふとした瞬間に別の自分が入ったように陰が出てくる。
不倫に対する価値観は無視して、そのストーリーの女の人を凝視する。
私の中にもう一つの恋愛観や見かたが姿を見せることもたまにある。

喜んで大声を出す先生と壊れた自動販売機
近くのスーパーマーケットで食料品を探していた。
冷食部門でポテトを選んでいた。
すると、ハングル文字が記載されている商品を発見した。
じーっとみると、韓国で良く見かけるトッポギだった。
先月ソウルへ旅行した時に、何度も韓国まで旅行している先輩に勧められたトッポギ。
ここ日本で冷食になって、韓国のトッポギが購入できるなんて、心外だった。

自信を持って体操する妹とアスファルトの匂い

店内のお客さんは、だいたい日本人という状態だったので、その光景にびっくりした。
店の中の列は、だいたい買い物目的の日本人という感じだったのでその雰囲気にもびっくりした。
日本人に人気なのは韓国のスキンケア用品は肌にやさしい成分が豊富に含まれているとか。
もちろん、化粧品にも興味はあったけれど、店員さんの言語能力にも凄いと思った。
美容関係に特化した会話だけなのかもしれないが、日本語が堪能。
私たちは、旅行のために勉強した韓国語を使う気満々で向かった韓国だけど、必要ないようだった。
口にする機会が多いほど、努力あれば外国語を理解できるということを教えてくれた旅行だった。

自信を持って大声を出すあの人と冷たい肉まん
暑い時期っぽいことを今年はしていないが、仲間と土曜日、コテージを借りバーベキューを行う。
暑い時期の恒例だが、まれに、息抜きになる。
男が二人なので、とてもいっぱい火をおこしたり準備をしないといけない。
特に、バーベキューの準備が、女性だと不得意な人がけっこういるので、してあげないと。
なのだけれど絶対に全員でワインをがぶがぶ飲むその時は、お酒をがぶがぶ飲まない様に注意しよう。

のめり込んで大声を出す君と月夜

ネットニュースを毎日見るけど、紙の媒体を読むのも前は好きだった。
現在は、ただで閲覧できるインターネットニュースがたくさんあるから、新聞、雑誌はもったいなくて購入しなくなった。
ただ、読み慣れていたからか、新聞のほうが少しの時間で大量の情報を手に入れることができていたけれど、ネットのほうがつながりのあるニュースをおっていくことが出来るので、深い内容まで調べやすい点はある。
一般的なニュースから関わりのある深いところを調べやすいけれど、一般受けしなさそうな内容も新聞は小さくても記載しているので目につくけれど、インターネットニュースだと自分でそこまでいかなければ目につかない。
近頃では、アメリカ合衆国のデフォルトになるかもという話が気になる。
なるわけないと思っていても、もしなったら、どの国もそれは影響を受けるし、そうなれば、自分の収入にも関係してくるだろうから気になってしまう。

騒がしく跳ねる彼女とファミレス
昔よりNHK教育テレビを見ることがたいそう多くなった。
昔は、両親や祖父母が視聴していたら、NHK以外のものが視聴したいのに思っていたが、最近は、NHKも見る。
楽しい番組がとても少ないと考えていたけれど、ここ最近は、おもしろいものも多いと思う。
それに加え、バラエティ以外の内容のものも好んで見るようになった。
それから、暴力的でないものや子供に悪影響が非常に少ない番組がNHKは多いので、子供がいる今は視聴しやすい。
NHK以外では、アンパンマンですらたいそう攻撃的のように見える。
毎回殴って終わりだから、私の子供も笑いながら殴るようになってしまった。

Copyright (C) 2015 ミュージシャンは幸せじゃなかった All Rights Reserved.

TOP
PAGE